自宅を売却、やるべきことは?

自宅を売却する場合にはまず、ローンが残っているとどうするのか、次に住む家をどうするのか、といったことを考えなくてはなりません。

残債を上回る額で売れればそのままローンの返済に充ててしまえばいいのですが、残債よりも下回る額で売る場合には、足りない分のお金を用意しなければなりません。

売却資金を残債に充当する場合、売ったお金が自分の手元を書類上だけ手に入り右から左へ瞬時にしてローン返済に充当されます。

しかもこの時点で自宅は飼い主のものになってしまうのが通常です。ゆえに、住む場所がなくなってしまうわけですから、売却前に次の住む場所を確保しておかなければなりません。

このタイミングが難しく、いつ売れるかもわからないまま次の家を買うなり借りるなりすると、ローンや家賃が二重にかかることになってしまいます。

また、せっかく買主が見つかっても、次の自分の住む家が家が見つからない、ということになるとせっかくの売却の話もお流れになってしまいますし、場合によっては違約金が発生することも考えられます。

そういったリスクも含め、うまく売却ができない場合も想定して事前に準備することが重要です。

不動産を売却するためには売却価格の相場について知る必要があります。

適正な価格がわからないと高値に設定したためになかなか買い手が見つからなかったり安値に設定したために安売りをして損をしたりするかもしれません。

適正な価格を知るためにはやはり複数の業者に査定を依頼するのがよいでしょう。売却する上では不動産業者選びが重要になります。

複数の業者に査定を依頼するというと面倒に感じる方もいるかもしれませんが、失敗しないためには複数の査定を集めてその査定価格となった根拠についても知っておくことが大切です。
参考:元プロ不動産査定社員が教える!不動産売却で高く売るために必要な事

不動産を売却するには、やはり地元の不動産が良いです。

というのも土地を売買するにあたっては土地勘がもっとも重要なポイントとなるので、その土地勘を最も有しているのは地元の不動産会社となるからです。

よくあるのが大手不動産会社で遠くから担当者が来ていること。

もちろん全国区であれば膨大な情報量やノウハウ、経験などがあるのかもしれませんが、土地に関わる場合は、その土地によってやはり特長があります。

また同じような条件や物件はありますが、全く同じ条件、同じ物件は存在できないのも不動産売買の特長です。そうなるとだれもが確証のないままも営業活動となるので、その土地に慣れ親しんで経験をつんでいる地元不動産の情報がもっとも有効となるはずです。

また大手企業の広告やネットで掴んでくる情報からは漏れている、地元ならではの口コミや知り合い情報も有しているため、思わぬところから売却先を掴んできて、思いのほか高値で取引できるのも大きな強みです。

不動産売却を行う際には、間に仲介事業を行う業者が入るケースが多く見受けられています。

不動産管理を行う業者が中心となり、こうした仲介が行われているため、円滑に不動産の売却が展開されることに関与していくのではないでしょうか。

昨今はこうした仲介事業を活用した不動産売却がスタンダードなものになってきており、不動産を売ろうとする人が積極的に仲介のサポートを活用しているのではないかと思います。

不動産売却の仲介に携わる業者の数自体は、少しずつ増加してきていると推測されています。

そのため、スムーズに不動産を売りたいと考える人々からは、この傾向が強く歓迎されるものとして認識されているのではないかとみられています。

今後は不動産売却に際して、より高い頻度で仲介の事業が展開されていくものと見込まれています。

そのため、現在に比べて短い期間で希望通りに不動産売却を展開できる可能性が高くなることに繋がるのではないでしょうか。

少しでも綺麗に!

不動産の売却と聞くと、「差し押さえ」を思い浮かべてしまいます。
パートで、不動産事務をしていたことがあるのですが、意外と、そういうことってあります。税金を納め切れてない方の不動産売却をよく目にしていました。

そういうお宅は、買い手が付きにくいです。
価格が安く、物がいいので、内見のご予約は多いのですが、内見してからが問題で、家の中が大抵、汚いのです。

ペット不可の物件で、大型犬を飼っていたり、水回りの使い方がひどかったり。
それでも、内見のお客様が訪問する前に、片づけられると思うのですが、片付けがひどく、ほとんど何もしていないことが多いです。

ですので、なかなか買い手がつかず、営業さんが苦労されていました。
これに限らず、不動産を売却されたい方は、お部屋の片づけを気を付けられたほうが良いと思います。

自分では十分だと思っていても、空き家でない限りは、
生活感が見えてしまうので。一度、写真で部屋を撮ってみて、客観的にご覧になると
隠したほうが良いものなど、気づくことがあるかもしれません。

また、ご本人も内見に立ち会う場合は、服装などきちんとされたほうが、印象が良いのは
間違いありません。逆の立場だったら、というのを想像されてください。

不動産を売って良かったこと

私は祖母が住んでいた家が空き家になって5年くらいはずっと所有していましたが、保有しているだけでも固定資産税がかかるので、誰かに貸すことも難しそうな古い家だったので、思い切って売却をすることにしました。

しかしいざ売ろうと思ってもどこの不動産会社に頼めば良いのか分からずにいました。

そんな時、ネットで不動産売却のサイトを見つけました。不動産売却のサイトでは、一番高く買い取ってくれる業者がすぐに分かるので、とても楽に不動産の会社を見つけることが出来ました。

どうしても自分の足を使って何軒も不動産会社を回ると、疲れてしまうし、不動産のことがよく分からないので、最初に行ったところで少し安いと思っても売却してしまうような気がします。

ですからネットであらかじめ高い業者を見つけることはとても良いことだと思いました。

おかげで、無駄に何軒も不動産会社を回る手間も省けてとても短時間で売却をすることが出来ました。無事不動産が売却出来て本当に良かったです。

安く買って高く売れる確率とは

残念ながら私は貧乏サラリーマンなので、不動産は何一つ所有してはいません。しかし友人の中にはアパートやマンションの投資をしている者がいて、時々、不動産の売買についての話題が出てきます。

彼によると、「不動産とは、安く買って高く売れば確実に儲かる」とのことでした。しかし、「安く買うのは簡単ではないし、高く売るのはさらに難しい」という分かったような分からないような話でした。

その話を聞いた私としては、「結局、不動産投資とは、儲かるか損をするかトントンかは、それぞれ確率三分の一ではないのか」という自分なりの理解に落ち着きました。

しかし、その理解を彼に話すと、「それは違う。安く買って高く売れる確率など、俺の実感としては大目に見積もっても十分の一程度だよ」と言われました。

彼曰く、一番難しいのが「いかにして高く売るか」ということだそうです。これをクリアできないために、なかなか利益を出せずに苦労しているそうです。それは私には無縁な苦労ですが、不動産売買も大変そうです。

土地の価格査定の考え方とその流れ

不動産会社が土地の価格査定を行う時の流れです、
まず、その土地のおおよその面積を知ります。法務局等で登記簿謄本を取得することができれば、そちらに面積は記されています。

続いて、相続路線価を調べます。相続路線価とは、土地にかかる相続税を算出する際に用いられる土地単価で、土地の面している道に対して価格が付けられています。

そうしたら、面積×相続路線価でおおよその土地価格を知ることができます。もちろんこれは単純な計算であり、時勢や景気、土地柄や利便性によって大きく変動してきますが、一つの目安にはなります。

そのほか、注意してほしいのが、土地の接する道路の幅です。道路の幅は、各自治体によりあらかじめ決められている場合が多く、それは役所で確認することができます。土地に接する道路が、自治体の定める道路幅員を満たしていればよいのですが、もし道路幅員を満たしていない場合は、自らの土地を道路として差し出さなくてはならない可能性があります。

すると、その道路の部分は、土地価格に含めることができませんので、査定額が下がってしまうのです。

以上、土地の価格査定に関して、簡単に書かせていただきました。

今は見積もりを無料で行うところも多くあります。ある程度信頼できる業者でしたら、一度査定に出してみるのも手かもしれません。

投資用マンションの査定

所有する投資用マンションを売ってほしという不動産業者からの連絡をしばしば受け取っています。

そして、相場より高値で買い取るという言葉が必ず付いています。まだ家賃収入からローンを返済中で、まあとんとんの収支という感じなので、高く買ってもらえるならとその価格を聞くと、ローンの残額におよばないことばかりです。

また、借り手がいなくなるというリスクもあるから売ってしまったほうがよいとの言葉もやはりあります。いまのところは借り手がいる間少しでもローンの返済をしてとも思っているので、売ることはないのですが、その相場というのは結構低いものかと想像しています。

販売するとすると中古ということになり、ローンの残高が減って、利益がでるまではまたないと所有している意味はないと思っています。それにしてももう少し相場は高くてもいいのではないかと(それも不動産業者の言い値ですが)思うことが多いです。

売ってほしいという不動産業者の連絡が多いということは、それだけ買いたいと思われる物件だということなのでしょう。

不動産で大切なのは価値観

人生で最も大きな買い物となる不動産。

いつかうのか、どこに買うのか、賃貸か購入か、
マンションか戸建てかなどなど。

その悩みは尽きません。

不動産は、その価格自体が時代とともに大きく変動する商品であり、
また購入にあたっては住宅ローンの金利情勢なども気になるところです。

しかしながら、自宅購入におけるもっとも重要な要素は、
その人の価値観に合っているかどうかです。

賃貸であっても、その人の価値観にあっていれば、
無理して不動産を購入する必要はありません。

反対に、多少金利が高かったとしても、
将来の金利動向は誰にもわかりませんので、それだけを気にして購入を先延ばしにするのは賢明な判断とは言えません。

不動産購入については、細心の注意を払いながら大胆に行動するものが成功していると思います。

何も下調べをせず、比較検討もしないまま、
業者の言われたとおりに購入してしまった場合、
後々後悔することが多いと思います。

私がお勧めする方法は、複数の業者に並行して相談する方法です。

家電製品も同じで、他のお店と比較して購入を決める方がいるように、
不動産も同じ物件でも仲介できる業者が複数いる場合があります。

また、仲介できない場合でも同じような条件の物件を探してもらえたり、
相談中の物件に関して第三者的な意見をもらえる場合もあります。

不動産業界は基本的に成功報酬なので、相談だけなら費用はかかりません。

相談の結果、納得できたなら、大胆に購入すべきです。
不動産との出会いは、ほんとに一瞬です。

最後にもう一点。

不動産を探す際、だらだらと探さないほうが良いと思います。
ある程度の覚悟をきめて、具体的な期日設定をした上で探すと、
自然と良い物件に巡り合えるものです。